新小岩の志那麺はしごで排骨(パーコー)担々麺を食べました。

スポンサーリンク

排骨(パーコー)担々麺

昨日の夕食は「排骨(パーコー)担々麺」を食べました。

昨日は、一泊の小旅行に行ったので、その旅行先で夕食を食べました。

行った先は、都内にある「新小岩」というところで、新小岩にある「志那麺はしご」で「排骨(パーコー)担々麺」を食べました。

ちなみに、排骨(パーコー)とは、豚肉に卵と小麦粉の衣を付けて、油で揚げた中国の「中華料理」になります。

味は四川風の担々麺

そして、肝心の排骨(パーコー)担々麺の味は、まずボリュームですが、普通サイズより少し「小ぶり」といった感じの量でした。

麺は、九州ラーメンとか博多ラーメンなどによくある「細麺」でした。

また、担々麺自体の味は、表現が難しいのですが、四川風の辛さに油とニンニクのパンチを効かせた感じの味でした。

ただ、四川風といってもそれほど辛くはなく、辛いのが好きだという人には、少し物足りない辛さだと思います。逆に、辛いのが苦手だという人には、少し厳しいかも。

あと、メインの排骨は、衣がサクサクしていておいしかったです!

ご飯が無料で食べられます!

そして、値段は「950円」とボリュームを考えると、少々高いと思ったのですが・・・

しかし、私は食べなかったのですが、ご飯が「無料」(お代わり自由化は不明)で食べられるそうで、それを考えると値段としては高くないと思います。

また、辛い担々麺ですので、辛い担々麺のスープとご飯を一緒に食べたら、おいしいだろうなと思いました。

そこで、後からご飯を頼まずに「失敗した!」と思ってしまいました。

昨日のズボラ飯

排骨(パーコー)担々麺

排骨(パーコー)担々麺「950円」、合計で「950円」の夕食でした。

排骨ラーメンは知っていますが、排骨担々麺は珍しいと思い、それで昨日食べてみました。

一人暮らし料理ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!