やきとりの缶詰を使ってワンプレート飯を作りました。

やきとりの缶詰を発見

夕食を作るのが面倒だったので、食べられれば何でもいいやと思って…

冷蔵庫の中の食材を漁って、簡単に作れて食べれるものはないかと思い探しました。

そこで発見したのが、優待でもらった「やきとり」の「缶詰」でした。

※ 缶詰はいつも冷蔵庫で保存しています。(もしかして常温保存でもいいのかな?)

缶詰なら、フタを開ければすぐに食べられますので、簡単に夕食のおかずが作れます。

おかずを作るというか、フタを開けるだけの簡単な作業なんですけどね。

ということで、おかずは見つけたのですが、今度はご飯(主食)がありません。

面倒面倒面倒

今からご飯を洗って炊くのは面倒というか、ご飯が炊けるまで時間が掛かるし…

かといって、そばとかうどんとかの乾麺はあるけど、今からお湯を沸かして、乾麺を茹でるのも面倒だし…

面倒ばかりでは話しが先に進みませんが、とにかく夕食を作るのが面倒でした。

そこで「そういえば冷凍庫に冷凍していたご飯がある!」と思い出して…

さらに、冷凍庫を漁ったとき発見した、キャベツの千切り(カット野菜)もあったので…

それを一皿に全て乗せて、ワンプレート飯を作りました。

やきとりご飯

ということで完成したのが、下の写真になります。

やきとりの缶詰と冷凍ご飯を温めてから、一皿に全て乗せたら完成です。

ちなみにやきとりの缶詰は、こんな感じの赤いヤツです。

味の感想など

味の感想は、やきとりはピリ辛で味付けが濃かったので、ご飯に合う味でした。

また、脇に添えたキャベツの千切りは、シャキシャキしていて歯ごたえが良かったです。

今回は、簡単に作れて野菜不足も補えて、バランスが良い内容だったと思います。

ちなみに、ご飯の上にかけたのは野菜のふりかけで、少しだけ健康に気を使っています。

私は野菜を食べることが少ないので、なるべく野菜を食べるようにしています。

節約料理人気ブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

タイトルとURLをコピーしました